【ホンダ アコード 新型発表】デザインは、奇をてらいすぎず、まじめすぎず…エクステリア

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ・アコード
  • ホンダ・アコード
  • ホンダ・アコード
  • ホンダ・アコード
  • ホンダ・アコード
  • ホンダ・アコード
  • ホンダ・アコード
新型ホンダ『アコード』のエクステリアデザインは、“爽快”、“上質”、“先進”を表現しており、セダンらしいフォーマルさを持った、端正な3ボックスに仕上げられた。

本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン室ADスタジオ主任研究員の奥本敏之さんは、「奇をてらいすぎるとユーザーに好き嫌いが出てしまいます。しかし、立ち止まりすぎて、まじめすぎてもつまらない。ちょうどいいバランスが非常に難しかったのです」と苦労を話す。

スポーツカーであればより大胆な表現も可能だが、セダンではユーザーが離れてしまうのだ。奥本さんは、「“良いセダン”というデザイン的な表現をつくることが、難しかったですね。過去様々なことをトライしてきましたが、やはりアコードは“爽快”、“上質”、“先進”が大事だということがありましたので、このコンセプトを軸に良いセダンに仕上げました」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集