【ホンダ アコード 新型発表】デザインコンセプトは“爽快”、“上質”、“先進”

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ・アコード
  • ホンダ・アコード
  • ホンダ・アコード
  • ホンダ・アコード
  • ホンダ・アコード
  • ホンダ・アコード
  • ホンダ・アコード
ホンダから発売された、新型『アコード』のデザインコンセプトは“爽快”、“上質”、“先進”の3つだという。

本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン室ADスタジオ主任研究員の奥本敏之さんによると、3つのデザインコンセプトは、「本来アコードが持っている一番大事なところ、ホンダそのものを表現しているといっても過言ではありません」と述べる。

エクステリアデザインでの“爽快”さは、「外から見ても室内の気持ち良さ、広そうな空間が見え、感じられるということが一番大事だと思っています。少し低めのベルトラインや、ガラスエリアを大きくすることで、一目でわかるようにしています」とする。

“上質”さは、サイドを走るシャープな2本のキャラクターラインと、同じくサイドビューのネガ面(削ぎ面)からポジ面(張り面)へとゆったりと変化させることによる、つくり込まれた面の質感で表現した。具体的には、「リアドアノブあたりから、削いでいる面が豊かな張りのある面へと変化していきます。奇をてらったデザインではなく、ゆったりとした質感を表現しているのです。どんな天候でもしっかりとした造形美が伝わるような表現をしました」と話す。

“先進”については、空力を意識してデザインされた点を挙げる。「骨格をつくる段階から、空力を意識しました。プランビュー(上から見た状況)で、たる型(バレルシェイプ)の形状をしています。これにより、空気の流れを最適化し、室内空間もきちんと確保して機能的なフォルムをつくっているのです」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集