シボレー トレイルブレイザー と兄弟車、米国でリコール19万台…ドアから火災の恐れ

自動車 テクノロジー 安全

日本市場でも、かつて販売されていたGMのシボレーブランドのSUV、『トレイルブレイザー』。同車とその兄弟車が、米国でリコール(回収・無償修理)を行うことが分かった。

これは6月13日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。2006-2007年モデルのトレイルブレイザーとその兄弟車の合計5車種について、リコールの届け出を受けたと公表している。

今回のリコールは、運転席側ドアの電気系統モジュールの不具合によるもの。パワーウィンドウ&ドアロックが作動不良を起こし、その結果、過熱して内部が溶け、発煙や発火に至る恐れがあるという。

対象となるのは、2006-2007年モデルのトレイルブレイザーをはじめ、ビュイック『レインナー』、GMC『エンボイ』、サーブ『9-7X』、いすゞ『アセンダー』。5車種合せて、19万3652台がリコールに該当する。

GMは対象車の顧客と連絡を取り、販売店で運転席側ドアの電気系統モジュールの点検を実施。正常に作動すれば、モジュールに保護コーティングを実施。異常が見つかれば、システムを全交換して対応する方針。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集