【ルマン24時間 2013】トヨタTS030、公式テストに参加

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【WEC 第2戦】トヨタは2013年仕様TS030(参考画像)
  • 【WEC 第2戦】トヨタは2013年仕様TS030(参考画像)
  • 【WEC 第2戦】トヨタは2013年仕様TS030(参考画像)
トヨタ・レーシングは、6月22日・23日に開催されるル・マン24時間に先立ち、6月9日、仏サルト・サーキットで行われた公式テストに参加。2013年仕様の『TS030ハイブリッド』2台が80周以上を走り込むロングランテストを行った。

午前中は、あいにくの雨となったが、TS030ハイブリッド(#7)のアレックス・ブルツ、ニコラス・ラピエール、中嶋一貴は、微調整と何種類かの空力セットアップを実施。TS030ハイブリッド(#8)のアンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミ、ステファン・サラザンは、集中的にタイヤ評価を行った。

また両車ともトヨタ・ハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)の最適化を実施。同システムは、コースに規定された7か所のブレーキ回生区間でスーパーキャパシタに蓄電し、自動的に300馬力の加速アシストをする。

午後のセッション半ばには雨も上がり、コースはドライコンディションへと変わり始め、ミシュランのインターミディエイトタイヤを装着することで急速にラップタイムは向上。両車とも順調にドライブを続け、午後のセッションを終えた。

テストを終えた中嶋一貴は「ウェット路面でスタートしたが、最後は少し乾いたコンディション走行となり、色々な条件での走行を体験できた。また、何度も先行車に阻まれたが、これがル・マンだし、それが普通なのだと思っている。ル・マンに戻って来られたことは嬉しいが、天気だけは自分の望んだものではなかった」とコメントした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集