ルノー カングーオーセンティック…“素”の魅力を追求

自動車 ニューモデル 新型車

ルノー・カングーオーセンティック
  • ルノー・カングーオーセンティック
  • ルノー・カングーオーセンティック
  • ルノー・カングーオーセンティック
  • ルノー・カングーオーセンティック
  • ルノー・カングーオーセンティック
  • ルノー・カングーオーセンティック
6月25日より、ルノー・ジャポンから300台限定で、『カングーオーセンティック』が発売される。初代カングーに続き、2代目でも限定車としての導入だ。

初代カングーオーセンティックについて、ルノー・ジャポン広報グループの佐藤渉さんは、「(今回モデル以上に)ドラスティックに装備を省きました。ユーザーから自分たち好みの装備を取り付けたり、工夫をしたいという声があったので、オーディオも省きました」と振り返る。

しかし、今回の限定車はそこまではしていない。「前回と同様の需要がないわけではありませんが、ちょっと省きすぎて、単なる廉価版になってしまったのです」といい、「今回は、あくまでも標準のクルマに対して、"もっとディープにクルマを使いたい"という要望に応えるためのクルマです。オーディオは装備され、エアコンもマニュアルですが装着されるなど、乗用車としての必要な装備は一通りきちんと付いています」と、もう一度コンセプトを見直したことを話す。

今回省かれたものはオーバーヘッドコンソールやシートバックテーブルなどで、いずれも趣味や仕事でクルマを使いたいというニーズを考えると必要ないと判断されたものである。特にオーバーヘッドコンソールは、「先代カングーは天井両サイドに取り付けられており、長尺ものを積む際、ルーフスペースはそのままフロントまで使えました。しかし、現行は天井部分に左右方向に取り付けられており、フロントまでルーフスペースを使うことが出来ないので、取り外すことにしたのです」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集