コーンズ青山がリニューアルオープン…ベントレーとランボルギーニに特化

自動車 ビジネス 企業動向

ベントレーやランボルギーニなどの正規ディーラー、コーンズ・モータースは6月8日、東京青山のコーンズ青山ショールームをリニューアルオープンした。

コーンズ青山ショールームは同社の旗艦ショールームとして、2003年にマセラティ、ロールス・ロイス、ベントレーの3ブランドのショールームとしてオープン。今回のリニューアルでは、ショップインショップの形式を採用し、ベントレー東京とランボルギーニ青山として同時オープンした。

一部報道陣へのショールーム公開に際し、同社代表取締役社長の渡謙作氏は、「このオープニングは青山ショールーム10周年の記念、当社の最も頼りになるパートナーでもあるベントレーモーターとの49周年、オートモビリランボルギーニとの新たな旅立ちを記念するもの」と述べ、「コーンズのラインナップにランボルギーニが新たに加わることにより、コーンズ・モータースでは世界有数の超高級人気車のすべてを取りそろえ提供できることとなりました」とした。

渡社長は、「ランボルギーニはやりたかったブランド。コーンズは中古車も新車も最高級車のブランドは全部取り扱うことがビジョンです。ランボルギーニを扱うことで、メジャーなブランド全てが集まったと思っています」と語る。

また、ランボルギーニを扱うことについては、同社がこれまで扱ってきているフェラーリとは違う商品だといい、「フェラーリはテクノロジーを追求するクルマに対し、ランボルギーニはエモーショナルなクルマなので、(ユーザー層を含め)あまり被らないでしょう」と話す。

フェラーリ社に対しても、「ユーザーをきちんと分け、スタッフも兼任させないことをフェラーリ側に説明し、了解をもらった」と、同社との関係が良好であることを示した。

そのランボルギーニの成約台数は今期(2014年3月まで)10台から20台を目標にしている。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集