ホンダ、実用性に優れた原付二種スクーター リード125を発売

モーターサイクル 新型車
ホンダ・リード125
  • ホンダ・リード125
  • ホンダ・リード125
  • ホンダ・リード125
  • ホンダ・リード125
  • ホンダ・リード125
  • ホンダ・リード125
  • ホンダ・リード125
  • ホンダ・リード125
ホンダは、110ccスクーター『リード・EX』をフルモデルチェンジした『リード125』を7月4日に発売する。

新型モデルは、水冷4ストロークOHC単気筒125ccの新開発「eSP」エンジンを搭載。低フリクション技術を多岐にわたって採用するとともに、アイドリングストップシステムによって、51.0km/リットル(60km/h定地走行テスト値)という優れた燃費性能と環境性能、最高出力8.4psの力強い出力特性を実現している。

スタイリングは、フロントトップカバーにクローム処理を施したガーニッシュとLEDポジションランプを大胆にデザインし、流麗で上質なイメージとしながら、シート下に37リットルの大容量ラゲージボックスを確保するなど、使い勝手にも配慮したデザインとしている。

ユーティリティーを高める装備として、メインスイッチと連動し、ワンタッチで開く燃料タンクリッドやシートオープンスイッチ、サイドスタンドを装備する。

価格は28万5600円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集