【フランクフルトモーターショー13】プジョー 308 新型…2世代目へ進化

自動車 ニューモデル モーターショー
新型 プジョー 308
  • 新型 プジョー 308
  • 新型 プジョー 308
  • 新型 プジョー 308
  • 新型 プジョー 308
  • 新型 プジョー 308
  • 新型 プジョー 308
  • 新型 プジョー 308
フランスの自動車大手、プジョーは5月13日、新型『308』の概要を明らかにした。実車は9月、ドイツで開催されるフランクフルトモーターショー13で初公開される。

現行308は2007年9月、『307』の後継車として登場。モデルチェンジで車名を変更するプジョーだが、308は新型に移行しても、引き続き同じ名前を使う。現行308には、ハッチバック、「SW」(ステーションワゴン)、「CC」(クーペカブリオレ)など、複数のバリエーションがある。新型はまず、5ドアハッチバックが登場した。

新型308には、PSA(プジョーシトロエン)が新開発したモジュラープラットフォーム、「EMP2」を採用。車両重量を現行比で、最大140kg軽量化した。プジョーによると、クラストップレベルの運動性能を備えながら、CO2排出量は最も低いモデルで85g/km以下と、新基準を打ち立てているという。

新型のボディサイズは、全長4250mm、全高1460mm。現行型(全長4315mm、全高1515mm)に対して、全長は65mm短くなり、全高は55mm低くなった。その上で、Cセグメント車に求められる広く快適な室内空間を追求。荷室容量は470リットル(VDA計測法)を備える。

外観は、ダイナミックかつ端正、クオリティの高いデザインがテーマ。フロントには、大きな開口部を持つグリルやフルLEDヘッドランプなどで、新世代のプジョー顔が表現される。インテリアは、運転席周りを「i-コクピット」と命名。操作性やコネクティビリティを高めている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集