トヨタ 86 のオープンコンセプト、ルーフを閉じた意匠レンダリング…市販を示唆 米メディア

モータースポーツ/エンタメ 出版物

トヨタFT-86オープンコンセプトのルーフを閉じた姿の意匠レンダリングを公開した米『CAR AND DRIVER』
  • トヨタFT-86オープンコンセプトのルーフを閉じた姿の意匠レンダリングを公開した米『CAR AND DRIVER』
  • トヨタFT-86オープンコンセプトのルーフを閉じた姿の意匠レンダリングを公開した米『CAR AND DRIVER』
  • トヨタFT-86オープンコンセプトのルーフを閉じた姿の意匠レンダリングを公開した米『CAR AND DRIVER』
トヨタ自動車が、3月のジュネーブモーターショー13でワールドプレミアした『FT-86オープンコンセプト』。同車のルーフを閉じた状態の意匠レンダリングの存在が、海外の自動車メディアによって明らかになった。

これは4月11日、米国の自動車メディア、『CAR AND DRIVER』が公式サイトに掲載したもの。FT-86オープンコンセプトに関して、ルーフを閉じた状態での意匠レンダリングを独自入手し、読者に公開している。

ところで意匠レンダリングとは、デザインの特徴を登録しておくために作成されるもの。ルーフを閉じた状態のFT-86オープンコンセプトの意匠レンダリングが存在するということは、市販に向けた動きとも受け取れそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集