フィアット 500 のEV、500e …米国実質価格は2万500ドル

エコカー EV
フィアット500のEV、500 e
  • フィアット500のEV、500 e
  • フィアット500のEV、500 e
  • フィアット500のEV、500 e
  • フィアット500のEV、500 e
  • フィアット500のEV、500 e
  • フィアット500のEV、500 e
イタリアの自動車大手、フィアットの米国法人、フィアットブランドノースアメリカは4月13日、フィアット『500e』の価格を発表した。今夏、米国カリフォルニア州で発売される。

500eは、フィアット500をベースに開発された市販EV で、2012年11月、ロサンゼルスモーターショー12で発表。フィアットと提携関係にあるクライスラーグループが開発したEVパワートレインは、モーターが最大出力111ps、最大トルク20.4kgmを発生する。二次電池は、蓄電容量24kWhのリチウムイオンバッテリー。充電は120Vソケットで約24時間、240Vソケットなら4時間以内で完了する。

米国EPA(環境保護局)が認定したフィアット500eの電費性能は、市街地122MPGe、高速108MPGe、複合モード116MPGe。1回の充電で、最大約140kmが走行可能。

今回、フィアットブランドノースアメリカは、500eの今夏の米国カリフォルニア州での発売に先駆け、同車の価格を発表。顧客は車両を購入、またはリースの2通りの方式から選択できる。購入の場合、車両価格は3万2500ドル(約320万円)。しかし、カリフォルニア州の補助金制度などにより、実質価格は2万0500ドル(約200万円)まで下がる。

また、リースの場合は、期間3年で、契約時に999ドル(約10万円)。月々のリース料は199ドル(約2万円)となる。

フィアットブランドノースアメリカのTim Kuniskis代表は、「500eは個性的なイタリアンデザインと、EV最高の高速電費性能、クラスをリードする航続距離を併せ持つ」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース