【ニューヨークモーターショー13】ボルボ XC60/S60/V60 に最新 Rデザイン…スポーツ性を向上

自動車 ニューモデル モーターショー
ボルボ XC60のRデザイン(ニューヨークモーターショー13)
  • ボルボ XC60のRデザイン(ニューヨークモーターショー13)
  • ボルボ XC60のRデザイン(ニューヨークモーターショー13)
  • ボルボ XC60のRデザイン(ニューヨークモーターショー13)
  • ボルボ XC60のRデザイン(ニューヨークモーターショー13)
  • ボルボ V60のRデザイン(ニューヨークモーターショー13)
  • ボルボ V60のRデザイン(ニューヨークモーターショー13)
  • ボルボ V60のRデザイン(ニューヨークモーターショー13)
  • ボルボ S60のRデザイン(ニューヨークモーターショー13)
3月27日、米国で開幕したニューヨークモーターショー13。スウェーデンのボルボカーズのブースでは、最新の「Rデザイン」として、『XC60』、『S60』、『V60』の一挙3台が初公開されている。

Rデザインは、ボルボ各車のスポーツイメージを際立たせたモデル。XC60、S60、V60は3月のジュネーブモーターショー13において、初の大幅改良車を発表。この改良モデルをベースにした新しいRデザインが、ニューヨークモーターショー13でワールドプレミアされた。

Rデザインならではの専用の内外装は、最新モデルにも継続。とくに、新デザインのエアロパーツで、スポーツ性を向上させた。大径アルミホイールやスポーツステアリングホイール、新デザインのスポーツシートなども装備。足回りには、車高が15mmローダウンし、スプリングレートを15%高めたスポーツシャシーも用意する。

エンジンのパワーアップも可能。「T6」と呼ばれる3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンには、ボルボの公式モータースポーツパートナーの「ポールスター」がコンピューターなどをチューンした「ポールスターパフォーマンス」を設定。最大出力は329psへ引き上げられる。これはベースエンジンの304psに対して、25psの上乗せだ。

パドルシフト付きのATを、スポーツモードに設定した際の動力性能は、S60の場合、0‐100km/h加速5.3秒。従来のRデザインの5.5秒に対して、0.2秒速い。

ボルボカーズのダグ・スペック営業&顧客サービス担当上級副社長は、「新しいRデザインは、パフォーマンスを重視した個性を演出するのに、最高の選択になるだろう」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【パリモーターショー12】ボルボ V40 新型、Rデザイン登場 画像 【パリモーターショー12】ボルボ V40 新型、Rデザイン登場
  • BMW 3シリーズセダン にMスポーツを追加 画像 BMW 3シリーズセダン にMスポーツを追加
  • ボルボ V40、Rデザインとクロスカントリーの先行予約開始 画像 ボルボ V40、Rデザインとクロスカントリーの先行予約開始
  • メルセデスベンツ Cクラス、AMGスポーツパッケージを標準化 画像 メルセデスベンツ Cクラス、AMGスポーツパッケージを標準化
  • 【上海モーターショー11】アウディ Q3 にSラインが早くも登場 画像 【上海モーターショー11】アウディ Q3 にSラインが早くも登場

特集