【上海モーターショー13】トヨタと第一汽車、新ブランドのRANZ(朗世)立ち上げ…EV初公開へ

自動車 ニューモデル モーターショー
トヨタと第一汽車の中国自主ブランド、RANZ(朗世)のエンブレム
  • トヨタと第一汽車の中国自主ブランド、RANZ(朗世)のエンブレム
  • トヨタ・カローラ(上海モーターショー11)
  • トヨタ G's レイツ(上海モーターショー11)
  • トヨタ(上海モーターショー11)
  • トヨタ(上海モーターショー11)
  • トヨタ(上海モーターショー11)
トヨタ自動車と中国の自動車大手、第一汽車との中国合弁、天津一汽豊田汽車(一汽トヨタ)は3月12日、中国向けの新たな自主ブランドとして、『朗世』(英語表記は『RANZ』)を立ち上げると発表した。

ブランド名のRANZは、「自動車の新たな世界を切り開く旅」という意味を込めたネーミング。エンブレムは「N」がモチーフとなっており、ニュー、ナチュラルの意味を持たせた。トヨタと第一汽車との協力関係が、新たな段階へと飛躍するという意味も込める。

またRANZは、環境性能を重視したブランドとなる。ハイブリッドで先行するトヨタの環境技術を生かし、グリーンで環境を守り、将来の研究開発の方向性を提示するブランドに位置付けられた。

RANZ(朗世)ブランドの第一号車は、4月下旬に中国で開催される上海モーターショー13において、初公開される予定。一汽トヨタは、「EVコンセプトカーになる」と説明している。
《森脇稔》
【画像】【上海モーターショー13】トヨタと第一汽車、新ブランドのRANZ(朗世)立ち上げ…EV初公開へ(6枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース