アルピーヌ、ルマン24時間耐久レース参戦へ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
アルピーヌのルマン参戦マシンの予告イメージ
  • アルピーヌのルマン参戦マシンの予告イメージ
  • 第80回ルマン24時間レース
  • 第80回ルマン24時間レース
フランスの名門ブランドで、ルノー傘下のアルピーヌは3月8日、アルピーヌ ブランドが2013年のルマン24時間耐久レースに参戦すると発表した。

アルピーヌ社は1956年、フランスに設立。当初はルノー車を改造してモータースポーツに参戦していた。1962年に発表したアルピーヌ『A110』がラリーで大活躍し、アルピーヌの名は一躍有名に。1973年にはルノーの傘下に入り、現在は「ルノースポール」各車を生産している。

現在、ブランドとしてのアルピーヌは休止状態。しかし、ルノーは2012年5月下旬、モナコでコンセプトカーのアルピーヌ『A110‐50』を初公開。同ブランド復活に向けて動き出した。

そのような動きを経て今回、アルピーヌはルマン参戦計画を公表。2012年11月、ルノーは英国のスポーツカーメーカー、ケータハムと、スポーツカーを共同開発することで提携を結んでおり、2016年にスポーツカーを市販する予定。ルマン参戦は、新型スポーツカーの発売に向けて、ブランドイメージを再構築するのが狙いだという。

アルピーヌは、2013年のルマン24時間耐久レースの他に、欧州ルマンシリーズにも参戦する計画。ルノーのカルロス・タバレスCOOは、「アルピーヌは2013年、ルマン24時間レースに復帰する。これは新たな冒険の始まりだ」とコメント。

なおアルピーヌは、マシンのティーザーイメージを1点、公開している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • アルピーヌ 復刻 A110‐50発表…日産製V6は400ps 画像 アルピーヌ 復刻 A110‐50発表…日産製V6は400ps
  • 日産、2014年のルマン24時間レースに参戦へ 画像 日産、2014年のルマン24時間レースに参戦へ
  • マツダ、21年ぶりルマン復帰…2013年にディーゼルエンジン供給 画像 マツダ、21年ぶりルマン復帰…2013年にディーゼルエンジン供給
  • ポルシェ、ルマン24時間へ復帰…2014年に向け車両開発 画像 ポルシェ、ルマン24時間へ復帰…2014年に向け車両開発
  • ルノー アルピーヌ復刻版、オリジナルとランデブー走行 画像 ルノー アルピーヌ復刻版、オリジナルとランデブー走行

特集