【ジュネーブモーターショー13】オペルの新コンパクト、アダムにロック…クロスオーバー派生

自動車 ニューモデル モーターショー

オペル アダム ロック(ジュネーブモーターショー13)
  • オペル アダム ロック(ジュネーブモーターショー13)
  • オペル アダム ロック(ジュネーブモーターショー13)
  • オペル アダム ロック(ジュネーブモーターショー13)
  • オペル アダム ロック(ジュネーブモーターショー13)
  • オペル アダム ロック(ジュネーブモーターショー13)
  • オペル アダム ロック(ジュネーブモーターショー13)
GMの欧州部門のオペル/ボクスホールは3月5日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー13において、コンセプトカーの『アダム ロック』を初公開した。

『アダム』は2012年9月、パリモーターショー12で発表されたオペルの新世代コンパクトカー。ライバル視するのは、MINIのハッチバックやフィアット『500』だ。欧州のデザインチームが手がけたアダムの3ドアハッチバックボディは、特徴的なルーフデザインが目を引く。

ボディサイズは全長3700mm、全幅1720mm、ホイールベース2311mm。MINIのハッチバックと比較すると、アダムの全長は23mm短く、ホイールベースは156mmコンパクト。フィアット500との比較では、アダムの全長は154mm大きい。

インテリアは4シーターの設計。ボディカラーと同じ色をステアリングホイールやシフトレバー、サイドブレーキレバーにアクセントとして使うなど、若い顧客を意識した演出が施された。

ジュネーブモーターショー13で初公開されたアダム ロックは、アダムの派生車を示唆したコンセプトカー。「ロック」(岩)の車名が意味する通り、多少のオフロードを走行可能なクロスオーバー車を提案する。

アダムに対する変更点は、車高を15mm引き上げ、専用バンパーや樹脂製オーバーフェンダーを装着。また、キャンバストップを採用し、オープンエアも楽しめる設計とした。18インチの足回りには、ブレンボ製ブレーキを装着。

オペルはアダムロックを、「初のアーバンミニクロスオーバー」と表現。激戦の欧州コンパクトカー市場の新たな個性として、市販化を目指す方針だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集