【オートモーティブワールド13】自動運転の開発ベース車、お値段700万円から

自動車 テクノロジー 安全

RoboCar PHV
  • RoboCar PHV
  • タブレットからステアリングやアクセル、ブレーキの操作が可能。
  • カメラによる前方障害物の検知機能も有している。
  • 速度やエンジン回転数、ハンドル回転量などをCANを通して取得することができる。位置情報はGPSで取得。
  • 運転のデモ映像。運転者がリモコン代わりに操作しているのは、助手席に設置したゲーム機用のハンドル型コントローラー。
  • 普通に動いていて、ちょっと不思議に思えてくる。
ゼットエムピーは、日本マイクロソフトと共同で開発している『RoboCar PHV』をオートモーティブワールド13の会場で公開した。トヨタ『プリウスPHV』をベースとした次世代自動車の開発用プラットフォームで、他の企業に対しても提供できるという。

RoboCar PHVは、速度やエンジン回転数、ハンドル回転量などをCANを通して取得することができ、ノートパソコンやタブレットからステアリング、アクセル、ブレーキを制御することが可能となっている。

こうした次世代車両を開発しようとしている企業が「一からクルマを作る」のではなく、ある程度のシステムを搭載した状態をゼットエムピーが販売することで、開発のハードルを下げることも狙いだという。

会場に展示されたクルマに付いていたプライスは700万円からとなっていた。また、展示されていたクルマはタブレットからステアリング操作が可能となっており、その実演も行われていた。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集