【デトロイトモーターショー13】日産 スカイライン 後継、インフィニティQ50…メルセデスとの4気筒エンジンもスタンバイか

自動車 ニューモデル モーターショー

インフィニティ Q50(デトロイトモーターショー13)
  • インフィニティ Q50(デトロイトモーターショー13)
  • インフィニティ Q50(デトロイトモーターショー13)
  • インフィニティ Q50(デトロイトモーターショー13)
  • インフィニティ Q50(デトロイトモーターショー13)
  • インフィニティ Q50(デトロイトモーターショー13)
日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティが1月14日、デトロイトモーターショー13で初公開した『Q50』。この日産『スカイライン』後継車に関して、メルセデスベンツとの共同開発エンジン搭載の話はどうなったのか。

ルノー・日産アライアンスとダイムラーは2010年4月、戦略的な協力関係を締結。両社の成長戦略の一環として、インフィニティとメルセデスベンツ間でのプラットフォームの共有や、EVの共同開発にも取り組んでいる。

その一環として、メルセデスベンツを擁するダイムラーと日産は2012年5月、日産の米国テネシー州デカード工場の敷地内に、新エンジン工場の建設を開始。同工場では、インフィニティとメルセデスベンツ(次期『Cクラス』)が将来搭載する4気筒ガソリンエンジンを生産することが決定している。

ところが、デトロイトモーターショー13で発表されたインフィニティQ50には、このエンジンに関する発表はなし。搭載エンジンは、先代の『G37セダン』譲りの3.7リットルV型6気筒ガソリン(最大出力328ps、最大トルク37.2kgm)と、日産『フーガハイブリッド』と基本的に共通の3.5リットルV型6気筒ハイブリッド(システムトータルで354ps)の2種類のみだった。

ただし、インフィニティはデトロイトモーターショー13において、「Q50のグローバル市場への投入のタイミングで、この2種類以外に、別のパワートレインを追加する」とアナウンス。この発表が、メルセデスベンツと共同開発する4気筒ガソリンエンジンを指しているのは、ほぼ間違いなさそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集