スバル フォレスター 2.0XT EyeSight…新世代直噴ターボエンジン搭載[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

スバル フォレスター 2.0XT EyeSight
  • スバル フォレスター 2.0XT EyeSight
  • スバル フォレスター 2.0XT EyeSight
  • スバル フォレスター 2.0XT EyeSight
  • スバル フォレスター 2.0XT EyeSight
  • スバル フォレスター 2.0XT EyeSight
  • スバル フォレスター 2.0XT EyeSight
  • スバル フォレスター 2.0XT EyeSight
  • スバル フォレスター 2.0XT EyeSight
富士重工業は、スバル『フォレスター』をフルモデルチェンジし、11月13日より販売を開始した。4代目のフォレスターでもNAとターボ仕様が用意されている。

新型フォレスターのボディは、現行モデルと比べ全体的に拡大。全幅はプラス15mmで1795mm、全長はプラス35mmで4595mmで全高はプラス35mmで1735mmだ。

トップグレードの「XT」に搭載されるエンジンは、先に『レガシィ』で採用された86mm × 86mmのスクエアストロークを持つ「FA20」型直噴ターボ「DIT」。フォレスターへの搭載にあたり、若干デチューンされ、280ps/35.7kgmのアウトプットとなる(レガシィは300ps/40.8kgm)。ターボ車のトランスミッションはレガシィと同様にリニアトロニック(CVT)のみで、MTの設定はない。

NAラインアップでは、「2.0i-S EyeSight」が新たに追加された。ベースグレード「2.0i」と比べ、18インチホイールや「パワーリヤゲート」などが装備されている。スバル初となるパワーリヤゲートは、高さ調整メモリー機能を採用している。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集