【ロサンゼルスモーターショー12】フィアット 500 のEV、500e…欧州発売予定なし

モータースポーツ/エンタメ 出版物
フィアット500 のEV、500e
  • フィアット500 のEV、500e
  • フィアット500 のEV、500e
  • フィアット500eが欧州で発売されないと伝えた『オートモーティブニュース』
イタリアの自動車大手、フィアットと提携関係にあるクライスラーグループが11月28日(日本時間11月29日未明)、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー12で初公開するフィアット『500』の市販EV、『500e』。同車が欧州市場では、発売されないことが判明した。

これは11月27日、『オートモーティブニュース』の欧州版が報じたもの。同メディアのインタビューに応じたフィアットブランドのオリバー・フランソワCEOは、「500eを欧州で販売する予定はない」と話したというのだ。

つまり、フィアット500eは、米国市場向けに専用開発されたEVということになる。欧州で発売されない理由は何か。フィアットとクライスラーグループを率いるセルジオ・マルキオンネCEOによると、「500eは米国のCAFE燃費(企業別平均燃費)規制を満たすためだけに開発されたEVだから」だという。

フィアット500eは2013年、米国カリフォルニア州で先行発売。その後、米国の他の州へ、順次販売エリアを拡大する計画だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース