【昭和30年代モーターサイクル】シャフトドライブでホンダに対抗…ライラック UY2(1957)[写真蔵]

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
丸正自動車製造 ライラックUY2(1957)
  • 丸正自動車製造 ライラックUY2(1957)
  • 丸正自動車製造 ライラックUY2(1957)
  • 丸正自動車製造 ライラックUY2(1957)
  • 丸正自動車製造 ライラックUY2(1957)
  • 丸正自動車製造 ライラックUY2(1957)
  • 丸正自動車製造 ライラックUY2(1957)
  • 丸正自動車製造 ライラックUY2(1957)
  • 丸正自動車製造 ライラックUY2(1957)
8月25日・26日の2日間、静岡県浜松市で開催されたイベント「バイクのふるさと浜松2012」において、地元のバイク愛好家が所有するメグロ、ライラック、ブリヂストンなど、昭和30年代まで存在した国内2輪メーカーのバイクが計10台展示された。

ホンダと同じく浜松で創業した丸正自動車製造は、ホンダに対抗して「チェーンのないシャフト駆動のオートバイ」を売りとした。この250cc単気筒モデルの『ライラックUY2』(1957)もシャフトドライブを採用している。

オーナーによれば、縦置きクランク独特の振動が楽しいとのこと。約5300台が生産された。
《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集