フィットSUV派生計画…メキシコ生産、米国投入か

モータースポーツ/エンタメ 出版物
ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • 次期フィットから派生すると見られるSUVに関して、具体的生産計画を伝えた『オートモーティブニュース』
  • ホンダ・フィットEV
  • ホンダ・フィット シャトル HYBRID
7月14日、日本の一部メディアが「次期ホンダ『フィット』にSUV」と報道。これを受けて、海外の有力自動車メディアも、この噂を裏付けるような記事を配信している。

これは16日、『オートモーティブニュース』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「次期フィットから派生するSUVは、2014年からメキシコ新工場で生産され、米国市場にも投入される」と、具体的に伝えたのだ。

ホンダのメキシコ新工場は、2014年春に稼働予定。生産車種はフィットを予定しており、メキシコを含む北米地域へ出荷。さらにグローバル生産拠点のひとつとして、ホンダはその他の地域への供給も検討している。

ホンダは次期フィットからSUVを派生させることで、共通の車台を使ったモデルの販売台数を、現在のおよそ2倍の100万台以上へ引き上げる構想と伝えられる。メキシコ新工場も当然、ホンダのこの構想の中で、重要な役割を果たすものと推測される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース