トヨタ スープラ 復活か…ツインモーターのハイブリッド?!

モータースポーツ/エンタメ 出版物
2002年に生産を終了したトヨタ スープラ
  • 2002年に生産を終了したトヨタ スープラ
  • トヨタ スープラ後継車の情報を伝えた米『モータートレンド』(イラストは『ホリデーオート』誌)。
トヨタ自動車が2002年まで販売していたスポーツカー、『スープラ』。同車が、ハイブリッドで復活するとの情報をキャッチした。

これは3日、米国の自動車メディア、『モータートレンド』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「スープラ後継車はミッドシップの3.5リットルV6エンジンが後輪を駆動し、インホイールモーターが前輪左右を駆動するツインモーターのハイブリッドになる」と伝えたのだ。

この情報が正しければ、トヨタはホンダが『NSXコンセプト』で提示したハイブリッドと、同様のシステムを開発していることになる。

NSXコンセプトの「スポーツハイブリッドSH-AWD」は、ミッドシップに置かれたエンジンが後輪を駆動し、フロント左右のインホイールモーターが前輪を駆動するシステム。ホンダの場合、エンジンをアシストするモーターも存在するから、3個のモーターという点がトヨタ方式との大きな違いだろうか。

これまでにも、幾度となく浮上していたスープラ復活説。スポーツカーにも環境対応が求められる時代だから、スープラが復活するとすれば、ハイブリッドなどの技術が採用される可能性は高そうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集