【ニューヨークモーターショー12】トヨタ アバロン 新型…北米専用プレミアムセダン

自動車 ニューモデル モーターショー
新型トヨタ・アバロン(ニューヨークモーターショー12)
  • 新型トヨタ・アバロン(ニューヨークモーターショー12)
  • 新型トヨタ・アバロン(ニューヨークモーターショー12)
  • 新型トヨタ・アバロン
  • 新型トヨタ・アバロン
  • 新型トヨタ・アバロン
  • 新型トヨタ・アバロン
  • 新型トヨタ・アバロン
  • 新型トヨタ・アバロン
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は5日、ニューヨークモーターショー12において、新型『アバロン』を初公開した。

アバロンは、米国におけるトヨタブランドの最上級車。初代は1994年に登場し、日本にも1995年に逆輸入車として導入された。2000年には、2代目にモデルチェンジ。日本市場では、『プロナード』のネーミングで販売された。2005年には、現行の3代目が登場。2010年2月のシカゴモーターショー10では、外観を大幅に変更した2011年モデルが発表されている。

4代目となる新型は、従来よりもスポーティな方向へとデザインを変更。カリフォルニア州に本拠を置くトヨタ自動車のデザイン部門、CALTYが主導したデザインは、北米の顧客の嗜好に合わせたもので、ダイナミックなフォルムが特徴だ。

新型のボディサイズは、全長4960×全幅1835×全高1460mm、ホイールベース2820mm。先代よりも全長は60mm、全幅は15mm短縮され、全高は25mm低められた。ホイールベースは変わっていない。米国でのカテゴリーは、プレミアムミッドサイズセダンに属する。

インテリアは、プレミアム感を追求した仕上げ。上級グレードはレザー内装となり、ウッドやクロームメタリックのアクセントが添えられる、トヨタの新世代車載インフォテインメントシステム、「エンチューン」もオプションで用意。パッケージの見直しにより、室内空間は先代よりも拡大している。

搭載エンジンに関しては、現時点では公表されていない。新型には、ノーマル、エコ、スポーツの3種類のドライブモードが選択でき、スポーツモードでは、スロットルレスポンスやステアリングフィールが、スポーツ寄りの設定になる。

新型アバロンは2013年モデルとして、年内に米国で販売がスタートする予定だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【ニューヨークモーターショー12】マツダ アテンザ 次期型、9月発表が決定 画像 【ニューヨークモーターショー12】マツダ アテンザ 次期型、9月発表が決定
  • 【ニューヨークモーターショー12】レクサスの米国最量販車、ES の新型にハイブリッド初設定 画像 【ニューヨークモーターショー12】レクサスの米国最量販車、ES の新型にハイブリッド初設定
  • 【ニューヨークモーターショー12】アルティマ 新型…日産の米国最量販車が5世代目に 画像 【ニューヨークモーターショー12】アルティマ 新型…日産の米国最量販車が5世代目に
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース