世界初、GMのフロントセンターエアバッグ…乗員を守る[動画]

自動車 テクノロジー 安全

フロントセンターエアバッグの作動状況。エアバッグのない場合(右)では、ダミー人形の体が側面衝突の衝撃で大きく傾いている
  • フロントセンターエアバッグの作動状況。エアバッグのない場合(右)では、ダミー人形の体が側面衝突の衝撃で大きく傾いている
GMとTAKATA(タカタ)が共同開発した世界初の自動車用フロントセンターエアバッグ。その作動の様子を紹介した映像が、ネット上で公開されている。

フロントセンターエアバッグは、ドライバーズシートの車体中央寄りサイド部分に内蔵。運転席側からの側面衝突の際に展開し、ドライバーが助手席方向へ大きく傾くのを防ぐ。また、助手席に乗員がいる場合には、ドライバーと助手席乗員がぶつかるのを防止する役目を果たす。

GMは、2013年モデルとして米国で発売する一部SUVに、このフロントセンターエアバッグを標準装備する計画。今まで、ありそうでなかったエアバッグの作動状況は、動画共有サイト経由で見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集