【上海モーターショー11】ホンダ伊東社長「12年目標に中国でEV生産」

エコカー EV

ホンダ・フィットEVコンセプト
  • ホンダ・フィットEVコンセプト
  • ホンダ・フィットEVコンセプト
  • ホンダ・フィットEVコンセプト
  • ホンダ伊東孝紳社長
ホンダの伊東孝紳社長は19日のプレスカンファレンスで、『フィット』をベースに開発中の電気自動車(EV)について「2012年を目標に中国で生産を開始する」方針を明らかにした。

EVは2012年から日本および米国での販売を計画しており、中国は現地生産によって日米とほぼ同時期に市場投入されることになった。生産会社はフィットを生産している広州ホンダとなる。

伊東社長はまた、EVの実用化に向けた中国での実証実験について、広東省広州市および合弁パートナーである広州汽車集団と協力して進めることで基本合意したと述べた。充電器など社会インフラを含めた検証などを行う。

伊東社長はハイブリッド車についても、モーターなど基幹部品の現地調達を視野に入れ「中国での生産の準備を進める」考えを表明した。

ホンダは現在、中国では『シビックハイブリッド』を販売しており、12年からは『ンサイト』などHVシリーズ3モデルも日本からの輸入で発売する計画だ。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集