東北地方余震 常磐道いわき勿来-いわき湯本で斜面崩落

自動車 ビジネス 企業動向

常磐道、いわき勿来IC~いわき湯本ICの区間で発生した崩落現場(撮影:東日本高速道路)
  • 常磐道、いわき勿来IC~いわき湯本ICの区間で発生した崩落現場(撮影:東日本高速道路)
  • 常磐道、いわき勿来IC~いわき湯本ICの区間で発生した崩落現場(撮影:東日本高速道路)
  • 常磐道、いわき勿来IC~いわき湯本ICの区間で発生した崩落現場(撮影:東日本高速道路)
  • 常磐道、いわき勿来IC~いわき湯本ICの区間で発生した崩落現場(撮影:東日本高速道路)
  • 常磐道、いわき勿来IC~いわき湯本ICの区間で発生した崩落現場(撮影:東日本高速道路)
  • 常磐道、いわき勿来IC~いわき湯本ICの区間で発生した崩落現場(撮影:東日本高速道路)
4月11日17時16分頃発生した福島県浜通り地方を震源とする地震により、NEXCO東日本の常磐自動車道のいわき勿来IC~いわき湯本IC(上下線)では、崩落した岩塊により道路がふさがれ、12日午前10時現在、通行止めとなっている。

崩落現場は、下り線切土のり面の崩落が上り線まで到達した。現在、崩落した岩塊を小割し搬出作業を開始している。

同社では、揺れの大きかった路線、区間を通行止めとし、緊急点検を実施し、安全が確認された区間から、順次通行止めを解除していくとしている。

通行止めとなっている区間(NEXCO東日本管内)
●磐越自動車道:いわきJCT~いわき三和IC(上下)
●常磐自動車道:いわき勿来IC~いわき四倉IC(上下)

原発避難区域のため通行止め
●常磐自動車道:いわき四倉IC~常磐富岡IC(上下)
《》

編集部おすすめのニュース

特集