【広州モーターショー10】広汽トヨタ、2011年は90万台販売を目標

自動車 ニューモデル モーターショー

プレスカンファレンスで初披露された ZELAS
  • プレスカンファレンスで初披露された ZELAS
  • トヨタ プレスカンファレンス
  • プレスカンファレンスで初披露された E'Z
  • トヨタ プレスカンファレンス
トヨタ自動車は20日より開幕した広州モーターショーで、広汽トヨタ・一汽トヨタ合わせた2010年の中国販売台数が80万台に達したことを報告するとともに、2011年の販売目標を90万台とすることを発表した。毛利悟常務役員がプレスカンファレンスで語った。

毛利常務は中国でのトヨタの戦略として、積極的な環境対応車の投入、生産拠点のエコ化、社会貢献活動の3つを柱に展開して行くと発表。「トヨタは、積極的に環境対応の新型車を投入し、中国自動車産業とともにさらに成長する」と述べた。

同時にトヨタは中国プレミアとなる新型車を2台発表。『E'Z』はコンパクトハッチバック、『ZELAS』は2ドアクーペだ。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集