「プリウスはオタクの車」GMのCEOが発言

モータースポーツ/エンタメ 出版物

アカーソンCEOとボルト(11月、生産開始セレモニー)
  • アカーソンCEOとボルト(11月、生産開始セレモニー)
  • プリウス
  • EV1
GMのダン・アカーソンCEOが10日、米ワシントンで行なったスピーチで、トヨタのハイブリッドカー『プリウス』を“乗りたくない車”と批評するいっぽう、自社のプラグインハイブリッド、シボレー『ボルト』を持ち上げた。

日本の複数のメディアが報じているが、日本語の表現に差異があって面白い。

読売新聞(11日、ウェブ版)はAP通信が報じたとして---
プリウスは「さえない車だ」
プリウスに「私は死んでも乗りたくない」
ボルトは「本当に格好良い」

日本経済新聞(11日、ウェブ刊)は米メディアが報じたとして---
プリウスは「オタクっぽい車」
プリウスに「私は絶対に乗らない」
ボルトは「格好が良い」

共同通信(11日、47NEWS)はAP通信が報じたとして---
プリウスは「オタクの車だ」
プリウスに「私だったら絶対に乗らない」
ボルトは「本当に格好いい」

当のAP通信は次の通り---
"We commonly refer to the geek-mobile as the Prius. And I wouldn't be caught dead in a Prius," he said. Speaking of the Volt, he added, "This actually looks good."

首都、ワシントン経済クラブでの発言。公的資金注入を受けたGMはCEO以下、役員報酬が政府によって制限されている。アカーソンCEOは、報酬制限の緩和を求め、GMの躍進を強調した。

USA Todayによるとトヨタは「彼はあそこでは新顔だから」(広報)と、とくに抗議する構えはない。「『EV1』のことを覚えてないのだろう。プリウスは全世界で200万台以上売れているし、オーナーの全員が全員オタクということはない」。

「オタク」も文脈によってはほめ言葉になるし、「絶対に乗らない」のくだりも「乗っているところを他人に絶対見られたくない」と直訳すれば、他社のトップとしてはそれも当然かな、と。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集