【ジュネーブモーターショー11】リンスピードのEV、竹製インテリア

自動車 ニューモデル モーターショー

リンスピード・バンブー
  • リンスピード・バンブー
  • リンスピード・バンブー
  • リンスピード・バンブー
  • リンスピード・バンブー
スイスのリンスピード社は1日、2011年3月に開幕するジュネーブモーターショーに、コンセプトカーの『バンブー』を出品すると発表した。

リンスピードは、フランク・M. リンダークネヒト氏が1977年、スイスに設立したエンジニアリング会社。主にドイツ車のチューニングを得意とする。毎年ジュネーブモーターショーに斬新なコンセプトカーを出品し、話題を集めることでも知られる。

2011年のジュネーブに出品するバンブーは、その名の通り、竹から作った繊維をインテリアのメイン素材として採用。デザインはゴルフカート風で、EVパワートレインを搭載するレジャービークルを提案する。

リンスピードはバンブーの開発にあたって、1970年代の南仏リゾート、サントロペのビーチをイメージ。ルーフは着脱式となっており、降り注ぐ太陽光を満喫することができる。室内には大人4名が乗車でき、後部には折り畳みの自転車が積載可能だ。

リンスピードは、「ブリジット・バルドーが往年のプレイボーイ、ギュンター・ザックスと一緒に乗る。バンブーは、そんな光景が似合う車」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集