ホンダ、NSX 後継の開発を再開か…ハイブリッド?

自動車 ニューモデル 新型車

NSX
  • NSX
  • NSX
  • NSX(1990年)
  • NSX(1990年)
  • NSX(1990年)
  • NSX(1990年)
  • NSX(1990年)
  • NSX(1990年)
ホンダが2008年末、苦渋の決断で開発を中止した『NSX』の後継車。米国の自動車メディア、『モータートレンド』は22日、「ホンダが再び開発に着手したようだ」と伝えている。

同メディアによると、NSX後継車はハイブリッドパワートレインを採用。これは、3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンにモーターを組み合わせたものだという。2008年の開発中止発表の際には、次期NSXにはV10エンジン搭載が計画されていたから、ホンダは開発方針をエコ方向へ大きくシフトしたことになる。

またプラットフォームは、『アコード』用がベース。その理由を同メディアは、「コストダウンが目的」と説明する。ホンダは2008年、次期NSX開発中止の理由を、「限られた経営資源を有効活用するため」としていたから、アコードのプラットフォームを使うことが、開発再開の前提条件だろうか。しかし、ハンドリング性能を高めるためにエンジンはミッドシップに搭載され、ホンダ自慢の4WDシステム、「SH-AWD」と組み合わせられるという。

ただし同メディアは、「ホンダはNSX後継車の市販化を最終決定したわけではない」とコメント。「量産にゴーサインが出れば、2014年初頭にはデビューするだろう」と締めくくっている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集