【SUPER GT 最終戦】ホンダの小暮/デュバル組がシリーズチャンピオン

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ツインリンクもてぎ
  • ツインリンクもてぎ
  • ツインリンクもてぎ
  • ツインリンクもてぎ
  • No.18 Weider HSV-010
  • No.3 TOMICA Z
  • Race Winners
  • GT500ホンダの小暮/デュバル組、GT300ハセミモータースポーツ星野/柳田がシリーズチャンピオン
  • GT500 Champion
24日、栃木県・ツインリンクもてぎ(1周4.801km)で行われた、SUPER GT最終戦の決勝レースは、トヨタの脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー(#1 PETRONAS TOM'S SC430)が優勝。2位のホンダの小暮/デュバル組がシリーズチャンピオンになった。

最終戦の決勝レース結果は、2位がホンダの小暮卓史/ロイック・デュバル(#18 ウイダーHSV-010)、3位はホンダの金石年弘/塚越広大(#17 KEIHIN HSV-010)。

小暮/デュバル組(ウイダーホンダレーシング)は、GT500ドライバーランキングで合計67ポイントを獲得しトップ、またチームランキングでも84ポイントを獲得しシリーズチャンピオンとなった。

決勝レースGT300の優勝は、星野一樹/柳田真孝(#3 TOMICA Z)、2位は加藤寛規/濱口弘(#2 アップル・K-one・紫電)、3位は山西康司/関口雄飛(#86 JLOCランボルギーニRG-3)。

GT300クラスのドライバーズタイトル、チームチャンピオンはともに、星野一樹/柳田真孝組(No.3 HASEMI MOTOR SPORT TOMICA Z)が獲得した。
《》

編集部おすすめのニュース

特集