【パリモーターショー10】スマートから電動アシスト自転車

自動車 ニューモデル モーターショー
スクートeバイク電動アシスト自転車
  • スクートeバイク電動アシスト自転車
  • スクートeバイク電動アシスト自転車
  • スクートeバイク電動アシスト自転車
  • スクートeバイク電動アシスト自転車
  • スクートeバイク電動アシスト自転車
  • スクートeバイク電動アシスト自転車
  • スクートeバイク電動アシスト自転車
  • スクートeバイク電動アシスト自転車
スマートは9月30日に開幕したパリモーターショーにおいて、電動自転車のコンセプトモデル、スマート『eバイク』を初公開した。

eバイクは、250Wのホイールハブモーターと、36Vのリチウムイオンバッテリーを搭載。4種類のパワーアシストモードを備え、25km/hになると自動的にモーターアシストがカットされる。

1回の充電で30〜90kmを走行可能。充電は2〜3時間で完了する。デザインはスマートブランドらしく、都市部にマッチするもの。アルミなどの軽量素材が使用され、重量は22kgに抑えられた。

ハンドル中央には、今年のパリモーターショーで披露した電動スクーターコンセプト、『eスクーター』と同様、スマートフォンをセット。個人の認証やメーター、ナビゲーションの機能を持つ。

これでスマートは今年のパリモーターショーで、EV、電動スクーター、電動自転車という3台のクリーンな移動手段を提案したことになる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集