トヨタ、ハイブリッド車の国内累計販売が100万台を突破

エコカー ハイブリッド
プリウス
  • プリウス
  • コースターハイブリッドEV(2001年)
  • クラウンハイブリッド
  • エスティマハイブリッド
  • HS250h
トヨタ自動車は5日、同社調べで、ハイブリッド車の国内での累計販売台数が7月末で100万台を突破したと発表した。

同社は、1997年8月にトヨタ初のハイブリッド車『コースターハイブリッドEV』を発売し、1997年12月には世界初の量産型ハイブリッド乗用車『プリウス』を発売した。

その後、ミニバン、SUV、FRセダンなどハイブリッドカーのラインナップを拡充していき、2009年に発売した3代目プリウスに加え、レクサスブランドからも『HS250h』、トヨタブランドの『SAI』のHV専用車2車種を発売するなど、HVのラインナップを充実させてきた。特に3代目プリウスは、低価格と燃費性能、デザインなどが評価され、エコカー補助金制度の追い風もあって爆発的なヒットを生んでいる。

現在、国内では9車種のハイブリッド乗用車、3車種のハイブリッド商用車を市販している。

一方、海外では、8車種のハイブリッド乗用車を約80の国と地域で販売しており、国内外合わせた累計台数は268万台を突破した。

トヨタでは、7月末までに販売したハイブリッド車のCO2排出量は、車両サイズや動力性能が同等クラスのガソリンエンジン車のCO2排出量と比較し、国内で約400万t、国内・海外を合わせて約1500万tの排出抑制効果があったと試算している。

トヨタは2010年代の早期に、HVの年間販売台数100万台を達成することを目指している。また、2020年代の早い時期には、HV技術を全モデルに展開する方針で、自動車から排出されるCO2低減に貢献していくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集