[動画]シトロエンのEVスポーツ、静かなる加速性能

エコカー EV

シトロエンは10日、フランスで開催された「ルマンクラシック」において、EVスポーツコンセプト、『SURVOLT』(スルヴォル)をデモ走行させた。動画共有サイトでは、その様子が公開されている。

SURVOLTは、今年3月のジュネーブモーターショーで初公開。アグレッシブなデザインのEVスポーツの提案だ。パワートレインは2個のモーターと、2個のリチウムイオンバッテリー(蓄電容量31kWh)で構成。モーターは300psの最大出力を発揮する。

フル充電状態での最大航続距離は、約200km。充電は220Vコンセントで10時間、急速チャージャーで2時間。カーボンファイバーボディとチューブラーシャシーの組み合わせで、車重は1150kgに抑えられ、0-100km/h 加速5秒以下、最高速260km/hというパフォーマンスを実現する。

10日に行われたルマンクラシックでは、ジャッキー・イクス氏を父に持つ女性レーサー、ヴァニーナ・イクス選手が、SURVOLTをドライブ。シトロエンが考える未来のEVスポーツの姿は、動画共有サイトで見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集