【マツダ プレマシー 新型発表】インテリアも“NAGARE”をモチーフに

自動車 ニューモデル 新型車

プレマシー新型
  • プレマシー新型
  • プレマシー新型
  • プレマシー新型
  • プレマシー新型
  • プレマシー新型
  • プレマシー新型
  • プレマシー新型
  • プレマシー新型
新型マツダ『プレマシー』のインテリアは、エクステリア同様“NAGARE”のモチーフが使われている。

デザイン本部デザイン戦略スタジオチーフデザイナーの田畑考司さんは、「インテリアも前後に流れるようにデザインされており、シートの水色のラインがそれを強調しています」という。

そのシートについても「横方向の縫製ラインがあったりすると流れが途切れ興ざめしてしまうので、そういうレイアウトは入れていません。シートのサイド部分も一体に見せるよう巻きつくような造形にして、(流れが)エンドレスに見えるようにしています。シートバックも一体にしているのです」という。

「バケットシートならばこういう造形はあるでしょうが、布のシートでここまでやるのはなかなか無いと思います」

運転席周りはドライバーオリエンテッドの考え方でレイアウトされている。「触るところやエリアを示すようなところにのみ、部分的にシルバーを入れました」と田畑さんはいう。

「加飾も、開発の初期はぎらぎらしたものもありましたが、2代目をやった時(田畑さんは2代目=先代のデザインも担当している)に眩しいなどの意見から、ピアノブラックを採用したりしました。そこで今回は、加飾は機能パーツだけにしよう、と」

「欧州仕様はナビのところがオーディオになったりするので、きちんと加飾を入れることで、走行中にぱっと見たときに(それぞれの位置が)分かるようになっているのです」。クオリティを始め安全性も上がるという考えなのだ。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集