マツダ3車種、バックカメラに不具合…サービスキャンペーン

自動車 テクノロジー 安全
マツダCX-5
  • マツダCX-5
マツダは2月17日、『CX-5』『アテンザ』『プレマシー』の3車種に関するサービスキャンペーンを国土交通省に届け出た。

今回のサービスキャンペーンは、車両の後方を確認するバックカメラの不具合によるもの。レンズ表面のコーティングが不適切なものがあるため、洗浄剤や雨水などに含まれる酸でコーティング剤が浸食される可能性がある。そのまま使用を続けると、レンズ本体も浸食して白濁化し、バックカメラの映像が徐々に鮮明に映らなくなるおそれがある

サービスキャンペーンの対象は、CX-5が2012年1月10日から2014年3月11日まで、アテンザが2012年10月2日から2014年3月11日までに生産された車両。プレマシーは2012年9月1日から2014年3月14日までに生産され、用品カメラを装着した車両となる。

マツダは改善の内容として、「全使用者へこの不具合について周知し、レンズの白濁が発生している場合には、バックカメラを対策品に交換する」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【リコール】マツダ CX-5、6万7000台…サイドカメラのレンズが白濁化するおそれ 画像 【リコール】マツダ CX-5、6万7000台…サイドカメラのレンズが白濁化するおそれ
  • スズキ カプチーノ、サービスキャンペーン…エンジン型式の刻印なし 画像 スズキ カプチーノ、サービスキャンペーン…エンジン型式の刻印なし
  • マセラティ3車種、米国でリコール…リアビューカメラが見えないおそれ 画像 マセラティ3車種、米国でリコール…リアビューカメラが見えないおそれ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース