ボルボ V60 新型…S60のワゴン版がデビュー

自動車 ニューモデル 新型車
V60
  • V60
  • V60
  • V60
  • V60
  • V60
  • V60
  • V60
  • V60
ボルボカーズは5日、新型車『V60』を発表した。セダンの『S60』のワゴンバージョンに位置づけられる。

従来、ボルボS60のワゴン版は、『V70』だった。しかし、現行V70はボルボの最上級セダン、『S80』がベースとなり、車格をワンランクアップ。そこでボルボは、『V50』とV70の間を埋めるワゴンとして、V60を新開発した。

V60はメカニズムなどの主要コンポーネントを、S60と共用。フロントマスクは、S60と同デザインとした。V60の全体的な造形は、ウェッジシェイプを強調したもので、クーペのようなルーフラインが特徴だ。

室内は、40対20対40の3分割可倒式リアシートを採用。助手席のフルフラット機能と合わせて、多彩なシートアレンジが可能になる。後席ヘッドレストは電動格納式。荷室容量はリアシートを起こした状態で、430リットル(VDA計測法)を確保した。

エンジンはガソリン5、ディーゼル3の合計8ユニット。ガソリンのトップグレード、「T6」は3.0リットル直列6気筒ターボ(304ps、44.9kgm)を搭載。0~100km/h加速6.6秒、最高速250km/h(リミッター作動)の実力だ。ディーゼルで最も環境性能が高いのは、「1.6D DRIVe」で、1.6リットル直列4気筒ターボ(115ps、27.5kgm)を積む。

安全面では、コーナートラクションコントロールを新開発。これはトルクベクトリングタイプのものだ。アドバンスドスタビリティコントロール、ペデストリアンディテクション、シティセーフティなどは、S60から継承された。

新型V60は、9月のフランクフルトモーターショーで正式発表され、今秋発売。年間5万台を生産し、その90%を欧州市場で販売する計画だ。ボルボカーズのステファン・オデル社長は「V60はスペースと機能性、デザインと運動性能を高次元でバランスさせたスポーツワゴン」と、自信を見せている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • BMW 3シリーズツーリング、2010年モデル…316dが新登場 画像 BMW 3シリーズツーリング、2010年モデル…316dが新登場
  • メルセデスベンツ Cクラス、アイドルストップ搭載で燃費10%向上 画像 メルセデスベンツ Cクラス、アイドルストップ搭載で燃費10%向上
  • 中国でボルボ拡販の野望…年間15万台へ 画像 中国でボルボ拡販の野望…年間15万台へ

特集