【ケータイナビガイド '10】新オプションでプローブ機能を強化 ナビアプリのトップブランドを目指す…ユビークリンク 全力案内!ナビ

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
交差点拡大表示
  • 交差点拡大表示
  • ユビークリンク サービスマネジメントグループ グループマネージャー 本田健司氏
  • 移動軌跡の記録・参照 移動軌跡を地図上に表示
  • 順調走行可能道路の表示
  • 移動軌跡の記録・参照 記録した移動軌跡の選択画面から選択
  • ユビークリンク 全力案内!ナビ 主要機能
  • オプション機能
4月7日、ユビークリンクのiPhone向けアプリ『全力案内!ナビ』がバージョンアップを実施した。ナビゲーション機能の大幅強化と追加オプションへの対応により、実用性の更なる向上を狙ったという。

AppStoreランキングでも上位の常連アプリだけに、待望のバージョンアップに期待がかかる。新アプリ開発の狙いについて、サービスマネジメントグループ グループマネージャーの本田健司氏に聞いた。


◆実用的なナビアプリは廃れない

三浦:「全力案内!ナビ」アプリは09年7月のリリース以来、ナビーゲーションジャンルで上位を維持しています。iPhoneアプリで900円というとかなり高額の部類に入ると思いますが、ここまで人気を保つことができている要因を開発者としてどのように分析されていますか。

本田:私はiPhoneアプリの企画段階から携わっていますが、半年以上にもわたって上位を占めていることは嬉しい驚きです。その要因は、ナビゲーションという“実用的なアプリであり、バージョンアップでも実用性を重視して改善してきたことと考えています。

----:瞬間風速的にいきなり上位に出てきては、落ちていく一発芸的なアプリは多いですね。

本田:ナビゲーションは外出のたびに需要がありますから、廃れることはありません。また、全力案内!では、昨年7月のリリース以来、2か月弱のペースで機能追加を積極的におこなっています。iPhoneアプリはレビューが購入を大きく左右しますので、お客様の声を受けた改良を着実に積み上げて評価をいただくことも重要視しました。

----:ナビアプリでありながら900円という価格設定を実現したことも、絶妙でした。

本田:そもそも“便利なものを安く提供したかった”というのは当初からありました。ワンショットで購入するアプリの価格としては、1000円を超えると相当な抵抗感があるだろう、と。加えて全力案内!というブランドをIT感度の高いiPhoneユーザーにもっと周知させたいという狙いもありました。

----:iPhoneのAppStoreのなかで振り向いてもらえる価格に設定したというわけですね。ナビアプリは、地図だけではなくて、目的地検索など様々なデータベースが必要です。また全力案内!では独自機能であるプローブ交通情報も自社で集めて加工しています。そういったもろもろのコストを考えるとこの価格を実現するのは相当な努力が必要だったのではないですか。

本田:もちろんコストを圧縮するための創意工夫は重ねています。ただ、お客様の声を聞いていると、“もっと機能を充実させて欲しい”という要望も一方であります。そこで新バージョンでは、900円というアプリ本体価格は維持しながら基本機能をさらに充実させつつ、より高度な機能が欲しいというユーザー向けに、有料のオプションを用意しました。


◆プローブはオプションとして機能強化を図る

----:ではオプションについて説明していただく前に、今回のアプリのバージョンアップのポイントについてご説明ください。

本田:アプリ本体側は使い勝手の向上を意識した改良となっています。まず、全力案内!アプリを起動しながらiTunesライブラリの音楽を再生・停止ができるようになりました。また、月次の走行データを確認できるようになりました。徒歩ナビや車ナビなど、月別の距離を見ることも可能です。

さらに、いままで出発地の測位をする際に、低レベルの測位をするか、高精度の測位をするかを利用者に選んでもらう仕様でした。いまは高精度でリトライを何度かして、測位できないと判断したら、低レベルの測位をするような変更をしています。

----:全力案内!最大の特徴であるプローブは、どのような扱いになるのでしょう。

本田:新バージョンのアプリでは、より高度な交通情報を提供するためにプローブ機能をナビ本体の機能から分離しました。「リアルタイムプローブオプション」として900円の追加機能となりますが、実用的な各種機能を加えています。例えば、空いている道(空き道)の交通情報をブルーの線で地図上に表示します。プローブ交通情報がカバーするエリアは今後積極的に拡充していく予定です。また、リアルタイムプローブオプションにはGPSロガー機能も追加しています。1トリップと見なした走行軌跡をKMZファイルとしてメールで飛ばす、というものです。

----:プローブの他にもオプション機能はあるのですか。

本田:もうひとつは600円の「アドバンストオプション」で、従来アプリでは実現できなかった付加機能群をまとめています。まずひとつは、交差点の拡大表示。従来よりレーン表示対応への要望が寄せられていたのですが、この要望にお応えする形で今回、交差点の拡大表示に対応しました。また、シミュレーション時にスピードを可変することができる機能です。2.5倍速と5倍速で早回しが可能です。また、ルートまわりでは、経由地を指定して、自分のルートを作る機能も盛り込んでいます。

----:本体メニューとカーナビ機能の追加機能を分離させた理由は?

本田:特に都市部の利用者に多いのですが、徒歩ナビしか使わないという方がいらっしゃいます。また、「ナビさえできれば渋滞まではこだわらない、その代わりもっと安くして欲しい」という声もある一方で、「プローブの交通情報だけでは物足りない」「フルナビと同等のルート編集や案内機能も追加して欲しい」というニーズもあります。

----:多様なニーズに応えるためには、全力案内!が提供するサービスのメニューを再編する必要があったと。

本田:そうですね。全力案内!の本体アプリでは必要十分なナビ機能をひととおり揃え、さらに高機能を求めるユーザーには、有料のオプションとしてPNDやフルナビに迫る本格ナビ機能を提供します。

----:通信回りのリアルタイム機能は一部を除いてPNDやフルナビでもなかなか取り組めていないところですからね。ところで、旧版のアプリを利用しているユーザーはこのまま使いつづけることは可能でしょうか。

本田:新バージョン(Ver.2.1)以前のアプリを買われた方は、購入から1年間はそのままプローブ機能は使えます。ただし、空き道表示やGPSログ利用などオプション機能はVer.2.1でなければ利用できませんのでご注意ください。


◆常にアイディアをめぐらせ 特許出願も積極的に

----:iPhoneは登場して間もない新しいプラットフォームですが、開発にあたり苦労した点はありますか。

本田:スタンドアローンのフルナビは様々な技術がひととおり出尽くした感がありますが、ケータイ/スマートフォンナビは基本GPSのみの測位ですし、通信と絡めたさまざまな機能もありますから、チューニング次第で大きく性能・機能に差が出てきます。チャレンジする課題が多岐にわたるので、どうしたら解決できるか、常にアイディアをめぐらせています。思いついたアイディアを実際に組み込んでみたところ、うまくいかずにお蔵入りになってしまったものも少なからずありますよ(笑)。

----:新しいアイディアは特許として登録するのですか。

本田:ええ。今回もリリースに合わせてナビ回りのアルゴリズム関連の特許を3件ほど出願しています。

----:全力案内!は当初携帯電話のアプリとしてスタートしてしばらく展開していましたが、iPhoneアプリの登場で一気にその知名度が広がりました。iPhoneとの出会いは御社にとても転換点となったと考えていらっしゃいますか。

本田:携帯電話で培ってきた技術がいまのiPhoneアプリのベースになっています。ですから、3キャリアでやってきたノウハウや技術がiPhoneでお客様に理解していただけるようになったと考えています。たとえば、ケータイの全力案内!アプリで取得した特許のひとつに、高速道路と一般道路の判別処理があります。こういったアルゴリズムは、当然iPhoneにも活用しています。


◆スマートフォン向けアプリを事業の“柱”として取り組む

----:これまでケータイの分野では後発参入組として総合ナビやカーナビ機能のアプリを投入してきた全力案内!ですが、iPhoneの分野では逆に先行しシェアを確保している立場です。開発のスタンスに変化はあるのでしょうか。

本田:後追いや先行と言った考え方ではなくて、むしろ新しい市場に挑戦しているという点ではケータイであろうとiPhoneであろうと同じです。ただ、iPhoneの開発にあたって意識したのは、スタンドアローンのPNDです。iPhoneでは“通信が使えるケータイ”と“タッチUIが実用的なPND”双方の長所を取り込んでいくことを考えていました。30万円するカーナビから数万円のPNDへ、そしてその先にはスマートフォンがある。この方向性は、必然的な流れでもあるので、安く手軽に使えて通信機能も用意されているスマートフォン向けアプリは全力案内!の“柱”として位置づけています。もちろん、ケータイナビも並行して進めていきます。

----:PND事業者との連携の可能性は?

本田:当社はハードウェアメーカーではありませんから、PNDを作るということはしませんが、情報提供という側面でPNDメーカーとコラボレーションしていけるのではないかと思います。まだ具体的な話があるわけではないので、どういう内容になるかは分かりませんが。

----:ハードではなくソフト、例えば他のiPhoneアプリと連携するというような試みもあるのですか。

本田:そうですね。たとえば、POI検索するアプリと連携し全力案内!のルート検索機能を利用してもらう、といったような方法は考えています。

----::今後の展開が楽しみです。

本田:レビューが載るAppStoreは、お客様から直の声が聞けますからプレッシャーもある反面、開発者としては喜びでもあります。今後もお寄せいただいた要望に可能な限り対応できるよう、努力していきます。

アプリ概要
●プラットフォーム:iPhone
●入手方法:App Store > ナビゲーション > 全力案内!ナビ
●アプリ種類
・全力案内!ナビ(本体)Ver.2.1…900円
 フリーナビ(徒歩/車)、車ナビ、徒歩ナビ、地図検索など
・アドバンストオプション…600円(6月29日より提供開始)
・リアルプローブ交通情報オプション…900円(7月6日より提供開始)
 プローブ機能、GPSログ

全力案内!ナビ

《聞き手 三浦和也》
《まとめ・構成 北島友和》

編集部おすすめのニュース

特集