【G-BOOK全力案内ナビ 動画後編】年間13億kmという走行データがもたらす高精度プローブ

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
赤い実線がVICS、点線がUTIS。市街地ではこのようにUTISが有利だが、郊外では逆転する。
  • 赤い実線がVICS、点線がUTIS。市街地ではこのようにUTISが有利だが、郊外では逆転する。
  • オービスに接近するとこのように赤い警告が表示される。
  • プレミアムオプションで追加される交差点拡大機能。ほかのナビによくある、詳細なイラストを表示する機能はない。
  • 横画面でのガイド中の画面はこのようになる。左側の案内板は設定で消すこともできる。また、高速道路ではこのレイアウトのまま案内版がインターチェンジやサービスエリアの表示に切り替わる。
  • G-BOOK全力案内
  • SmartG-BOOKのメインメニューにもどり、左上の「ナビ」をタップするとG-BOOK全力案内ナビが起動する。
「G-BOOK全力案内ナビ」は、オペレーターサービスや独自の渋滞情報を使える本格的なナビアプリだ。

『G-BOOK』はトヨタが展開するテレマティクスサービス、『全力案内!』は必要な機能をオプションで追加するコンセプトで低価格を実現した、野村総合研究所のナビアプリ。この両者がコラボして生まれたのが、ここで紹介するG-BOOK全力案内ナビだ。

動画後編では、オペレーターサービスと並ぶ本アプリの特徴である「プローブ交通情報」を紹介。1万1000台におよぶ契約タクシーや、カーナビアプリ「全力案内!」会員からの交通情報を取得・解析して、アプリ側に情報提供する。年間13億kmという莫大なデータを元にした高精度の交通情報により、優れたルート品質を実現している。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集