【プジョー 3008 日本発表】初のクロスオーバーを発売

自動車 ニューモデル 新型車
3008プレミアム
  • 3008プレミアム
  • 3008グリフ
  • 3008
プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョー初のクロスオーバーである『3008』を6月1日から発売した。

新型車の外観は、フロントマスクのプジョーエンブレムの下に設けられた大きなエアインテークと、その内側を縦横に走るクロームインサートが特徴。フロアの下にはステンレス製アンダーガードを標準装備し、オフロードでのダイナミックな走破性をアピールする。大きく張り出した前後のフェンダーも、クロスオーバーとしての力強さとユニークなキャラクターを表現した。

リアデザインは、ブーメラン形のテールライトランプと、アンダーガードが印象的。テールライトランプは、すっきりとした造形美を意識し、フロアの下側に回り込むように装備されたステンレス製アンダーガードは、フロントアンダーガードと反復するような形で装着されている。

広い室内空間を確保した新型車は、『308』ハッチバックに比べ15mm広い全幅を最大限に活用し、室内幅とシート幅を拡大した。特に前席の室内幅は308ハッチバックの1490mmに対して新型は1565mmとした。シート座面から天井まで、フロントシートで1100mm、リアシートで1050mmを確保した。ルーフ部分は、最大幅1202mm、前後長1382mmの大型のパノラミックガラスルーフを標準装備する。

ラゲッジルームも充分な広さを確保した。リアシートを立てた状態でも432リットルの容量を持つトランクルームは、6:4分割可倒式リアシートを折りたたむことで1241リットルへと拡大する。リアシートは、専用スイッチの操作でワンタッチでシートバックを折りたたむことが可能で、同時に座面が沈み込みフルフラットなフロアにできる独自の機構を採用する。

プジョー初のクロスオーバーとして「ダイナミック・ロールコントロール」を採用する。このシステムはセンターモジュールと呼ばれるパーツを介して、左右のリアショックアブソーバーを油圧的に連結、左右逆相となるロール時には減衰力が高まり、左右同相となるバンプ・リバウンド時には減衰力が抑えられ、高いロードホールディングとしなやかな乗り心地を両立する。

パワートレインは、1.6リットル・ダイレクトインジェクション・ツインスクロールターボ付きDOHC16バルブエンジンを搭載する。最高出力156PS/6000rpm、最大トルク24.5kgm/1400 - 3500rpmを発揮するこのエンジンは、100rpmからターボ過給が始まり、1400rpm時には最大トルクに達する。革新的なツインスクロールターボチャージャーと高圧直噴システムにより、自然吸気の2.0リットルエンジンを超える動力性能を持ちながら燃費性能も高く、加えてヨーロッパの排出ガス規制新基準ユーロ5をクリアしている。エンジンに組み合わされるトランスミッションは「308CC」に搭載されている最新型の6速オートマチックトランスミッションとなる。

価格は3008プレミアムが339万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • MINI クロスオーバー にバカンスパッケージを設定 画像 MINI クロスオーバー にバカンスパッケージを設定
  • 【D視点】フロイトも納得?…BMW X1 画像 【D視点】フロイトも納得?…BMW X1
  • 【北京モーターショー10】MINI コピー車が進化、今度はクロスオーバー 画像 【北京モーターショー10】MINI コピー車が進化、今度はクロスオーバー

特集