[動画]レクサス LS、問題のステアリング

自動車 テクノロジー 安全
LSのステアリング不具合(動画スクリーンショット)
  • LSのステアリング不具合(動画スクリーンショット)
  • LSのステアリング不具合(動画スクリーンショット)
  • LSのステアリング不具合(動画スクリーンショット)
  • LSのステアリング不具合(動画スクリーンショット)
トヨタ自動車が21日、自主リコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出たレクサス『LS』。動画共有サイトでは、ステアリングホイールの不具合内容を伝える映像が公開されている。

自主リコールの対象車は、2009年10月のマイナーチェンジ以降に販売された「LS460」と「LS600h」。標準装備されるVGRS(可変ギアレシオステアリング)の電子制御システムに不具合があり、右左折やUターンなどでハンドルをフルロックした後、素早く戻した場合、ハンドル中立位置がずれるというものだ。

トヨタによると、この現象は自然に戻るとのことだが、顧客からの違和感を指摘する声を受けて、自主リコールを決定した。

車両が直進状態にあるにも関わらず、ステアリングホイールが90度の角度で横を向いた状態の映像は、動画共有サイトで見ることができる。


※日本語字幕で「据え切り」となっているのは、「フルロック」の間違い。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース