【バンコクモーターショー10】タイの デミオ は顔が違う。もしかして…

自動車 ニューモデル モーターショー
マツダ2
  • マツダ2
  • マツダ2
  • マツダ2
  • マツダ2
  • マツダ2
タイにあるフォードと共同の生産拠点「AAT(Auto Alliance Thailand)」で現地生産されている、タイ仕様『デミオ』が現地名『マツダ2』だ。日本にはないセダンもラインナップしている。

エンジンは全車1.5リットルで、トランスミッションは5速MTと4速ATを搭載。価格は53万5000バーツ(約153万円)から69万バーツ(約198万円)だ。

主査を務めるマツダ株式会社プログラム開発推進本部の岸本亮一さんによると、「路面に凹凸の多いタイの事情に合わせてダンパーやスプリングとブッシュを変更しサスペンションの設定を変えている」という。記者は現地で試乗する機会を得たが、日本仕様に比べて路面の凹凸を上手に吸収し、乗り心地がよくなっている印象だ。

興味深いのはフロントマスク。バンパーが日本仕様とは異なるデザインになっているのだ。開口部形状や流れるような左右アクセントの仕上げなどタイ仕様のデザインは、新型『アクセラ』や最新の『アテンザ』とも同じ雰囲気の「新しいマツダ顔」。

日本のデミオは今年中にマイナーチェンジするといわれているが、もしかしてタイ仕様はマイナーチェンジ後の顔を先取りしているのだろうか?
《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース