日産のEV リーフ、英国でも生産へ

エコカー EV
リーフ
  • リーフ
  • リーフ
  • リーフ
  • リーフ(ジュネーブモーターショー10)
  • リーフ(ジュネーブモーターショー10)
  • リーフ(ジュネーブモーターショー10)
  • リーフ(ジュネーブモーターショー10)
  • リーフ(ジュネーブモーターショー10)
欧州日産は18日、新型EV『リーフ』の生産を、2013年初頭から英国サンダーランド工場で開始すると発表した。日本、米国に続いて、3番目の生産拠点となる。

リーフは、2009年8月に公開。専用の5ドアハッチバックボディに、専用パワートレイン&プラットフォームを採用。モーターは最大出力108ps、最大トルク28.5kgmを発生し、前輪を駆動。2次電池はラミネート型の小型リチウムイオンバッテリーで、蓄電容量は24kWh。最高速140km/h、最大航続距離160kmという実用性を備える。

充電はフロントノーズのソケットにプラグを差し込んで行い、家庭用200Vコンセントと急速充電器の2種類に対応。充電時間は200Vが約8時間。急速充電器なら約30分で80%までチャージできる。1回の充電での最大航続距離は160kmを確保している。

リーフは、日本の神奈川県追浜工場で、年内に生産開始。2012年には、米国のテネシー州スマーナ工場でも製造されることが決定している。欧州日産は今回、英国サンダーランド工場においても、2013年初頭からリーフの生産を年間5万台規模で開始すると発表。また同工場では2012年から、ルノーと共同でリチウムイオンバッテリーの製造もスタートさせる。

日産は同工場へ、総額4億2000万ポンド(約580億円)を投資して、バッテリーを含むリーフの生産体制を整える。この資金の一部として、英国政府が2070万ポンド(約30億円)、欧州投資銀行が1億9730万ポンド(約270億円)を低利融資する。

英国市場へは2011年3月に、リーフを投入する予定。すでに英国政府は、総額2億3000万ポンド(約315億円)の予算を計上し、2011年初頭からEVの購入助成を行うと発表しており、リーフの購入者は、最大5000ポンド(約70万円)の支援が受けられる。

英国サンダーランド工場製のリーフは、おもに欧州市場向けとなる。これで新型リーフの生産は、日本、北米、欧州の3大市場をカバーする体制が整ったことになる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース