シトロエンとGQ誌がコラボ、コンセプトカー誕生

自動車 ニューモデル 新型車
GQ byシトロエン
  • GQ byシトロエン
  • GQ byシトロエン
  • GQ byシトロエン
  • GQ byシトロエン
  • GQ byシトロエン
  • GQ byシトロエン
  • GQ byシトロエン
  • GQ byシトロエン
シトロエンと有名男性誌『GQ』の英国版は5日、コンセプトカー『GQ byシトロエン』を発表した。『GQ』の読者層に似合う、プラグインハイブリッドのGTクーペを提案する。

『GQ』誌はイギリス、アメリカ、イタリア、ドイツ、韓国、ロシア、台湾、スペイン、そして日本と、世界各国で発行されている有名男性誌。その英国版編集部とシトロエンがコラボレーションして製作されたのが、GQ byシトロエンだ。2008年10月のパリモーターショーでベールを脱いだ『GT byシトロエン』を連想させるネーミングである。

シトロエンからは、チーフデザイナーのMark Lloyd氏が参加。同氏の最新作は、シトロエン『DS3』である。『GQ』の編集者、Dylan Jones氏と議論を重ねながら、『GQ』のメイン読者層である若手ビジネスマンに受け入れられそうなGTクーペを提案した。

そのスタイリングは、非常にスポーティかつエレガントなもの。グラマラスなフェンダーや小さなウインドウグラフィックスが目を引く。ルーフからリアエンドにかけての処理も個性的だ。2ドアクーペに見えるが、実は小さなリアドアが設けられており、4ドアクーペに仕上げられている。

インテリアはエクステリアとの調和が図られ、ステアリングホイールやシートには、赤をアクセントに使用。各種操作系は、コクピット周辺に集中レイアウトされる。シルバーのパネルが、ドライバーを包み込むように配されるのが特徴だ。

パワートレーンは、スポーティなルックスにふさわしい内容。直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジンに、モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムを搭載する。0-96km/h加速は4.5秒、最高速は250km/h(リミッター作動)とパフォーマンスは一級。それでいて、CO2排出量は80g/kmに抑えられた。

シトロエンのチーフデザイナー、Mark Lloyd氏は、「この車はスポーツカーではない。長距離ドライブを快適に楽しむグランドツアラー(GT)である」と、そのコンセプトを説明している。

GQ byシトロエンの市販計画はない。『GQ』誌のためだけに製作されたワンオフモデルということだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース