年末年始の高速道路1000円、異論9割でも原案通り

自動車 社会 行政
国土交通省と高速道路保有・債務返済機構、高速道路会社4社は4日、年末年始の高速道路料金割引について、年末の12月26日(土)と27日(日)については、物流への影響を考慮し、乗用車上限1000円などの休日割引は適用しないことを決めた。一方、1月4日(月)、5日(火)については、正月の交通を分散するために休日割引を適用する。

機構と4社は11月10日から19日までの10日間、インターネットで意見募集を行ったが、年末の割引について、原案に賛成した意見は全体の12%に過ぎず、36%が「26日、27日を休日扱いとすべき」、52%が「26日、27日以外にも割引を拡大すべき」と答え、意見を寄せた人のうち9割近くが異論を唱えた。

一方、正月の4日と5日を休日扱いとしたことに対しては、52%が賛意を示したが、33%が「平日扱いのままとすべき」と答えた。

年末の土日平日扱いに異論が多かったにも関わらず原案通りの割引日程としたことについて国交省では「パブコメの意見が必ず反映されるとは限らない」(道路局有料道路課)と話している。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース