【東京ゲームショウ09】SCEのレースゲーム、PS3用GT5は来春発売

9月24日から27日までの4日間に渡って開催された「東京ゲームショウ2009」(TGS)。今年はレースゲームの大物タイトルが複数発表されたのが特徴だ。まずはソニー・コンピュータエンタテイメント(SCE)から。

モータースポーツ/エンタメ ゲーム
TGSのSCEブース。GT5コーナーはかなりの面積を占めていた
  • TGSのSCEブース。GT5コーナーはかなりの面積を占めていた
  • GT5の画面。発売中の「GT5プロローグ」よりもさらに美しさが増した感があり、いよいよ実写レベルに
  • 東京と思われるストリートコースを疾走する08年型XANAVI NISMO GT-R、23号車(GT5)
  • こちらもXANAVI NISMO GT-R23号車。後ろには「とらや」とあり、赤坂や銀座の辺りか?(GT5)
  • TGSのSCEブースの「GT5」試遊台コーナー。もちろん長蛇の列
  • PSP版GTの画面。エンツォ・フェラーリを見れば、PS版初代GTの移植ではないことがわかるはず
  • 一般道を行くランボルギーニ・カウンタック。ヨーロッパ辺りの街中のストリートサーキットか(PSP版GT)
  • 新旧のラリーカーの激突。オフロードシーンも満喫できる(PSP版GT)
9月24日から27日までの4日間に渡って開催された「東京ゲームショウ2009」(TGS)。今年はレースゲームの大物タイトルが複数発表されたのが特徴だ。まずはソニー・コンピュータエンタテイメント(SCE)から。

最大のニュースは、プロデューサーの山内一典氏による発表が行われた、『PLAYSTATION 3』用の『グランツーリスモ5』(GT5)。発売日を10年3月とした。TGS時点での開発度は65%ということだが、ブース内には試遊台が用意されていた。

市販車、レーシングカー、コンセプトカーなど950車種以上が収録される予定で、ハイブリッドカーやEVも登場するという。コースは20ロケーション以上、70バリエーション以上を収録。GTシリーズ初のダメージ表現と車両の転倒、コース内可動オブジェクトなど、これまでの同シリーズからは表現的に大きく様変わりする形だ。

10月1日より発売がスタートしたのが、『PlayStation Portable』用の『グランツーリスモ」』(GT)だ。10年以上前に初代『PlayStation』用として発売された同名タイトルの移植と思われがちだが、PSP用に開発された完全な新作タイトルで、最大4人によるアドホック対戦機能なども有している。こちらは800車種以上、35コース・70バリエーションを収録。また、PSP版GTで入手したクルマをGT5に引き継げる機能も発表されている。

レーシングシミュレーターとは異なるが、「走り」でくくれるのが、11月1日に同じくSCEから発売されるPSP用「モーターストーム レイジングアイス」。PS3版がその爽快っぷりで人気を博し、現在は2作目まで発売されているルール無用の異種格闘オフロードレースゲームがPSPに登場である。

最大6人によるアドホック対戦に対応しており、こちらも熱くなること請け合い。マシンは8種類130タイプ以上から選択可能で、雪山を舞台にした12のマルチルート型(クルマのタイプなどによってそれぞれショートカットが異なる)の苛酷なコースが待っている。コースは逆走も可能ということだ。

そのほかSCEブースのGT5コーナーでは、メルセデスベンツ『SLS AMG』が日本初公開されていた。

(c) Sony Computer Entertainment Inc. Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties. Produced under license of Ferrari Spa. FERRARI, the PRANCING HORSE device, all associated logos and distinctive designs are trademarks of Ferrari Spa. The body designs of the Ferrari cars are protected as Ferrari property under design, trademark and trade dress regulations.

(c) Sony Computer Entertainment Inc. Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties. Produced under license of Ferrari Spa. FERRARI, the PRANCING HORSE device, all associated logos and distinctive designs are trademarks of Ferrari Spa. The body designs of the Ferrari cars are protected as Ferrari property under design, trademark and trade dress regulations.

MotorStorm(R) Raging Ice (c) 2009 Sony Computer Entertainment Europe. Published by Sony Computer Entertainment Inc. Developed by Bigbig Studios. “MotorStorm” is a registered trademark of Sony Computer Entertainment Europe. All rights reserved.
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集