【メルセデスベンツ Sクラス ハイブリッド 試乗】NHVの抑え込みは良好…松下宏

試乗記 輸入車

【メルセデスベンツ Sクラス ハイブリッド 試乗】NHVの抑え込みは良好…松下宏
  • 【メルセデスベンツ Sクラス ハイブリッド 試乗】NHVの抑え込みは良好…松下宏
  • 【メルセデスベンツ Sクラス ハイブリッド 試乗】NHVの抑え込みは良好…松下宏
  • 【メルセデスベンツ Sクラス ハイブリッド 試乗】NHVの抑え込みは良好…松下宏
  • 【メルセデスベンツ Sクラス ハイブリッド 試乗】NHVの抑え込みは良好…松下宏
  • 【メルセデスベンツ Sクラス ハイブリッド 試乗】NHVの抑え込みは良好…松下宏
  • 【メルセデスベンツ Sクラス ハイブリッド 試乗】NHVの抑え込みは良好…松下宏
  • 【メルセデスベンツ Sクラス ハイブリッド 試乗】NHVの抑え込みは良好…松下宏
  • 【メルセデスベンツ Sクラス ハイブリッド 試乗】NHVの抑え込みは良好…松下宏
輸入車で最初にハイブリッド車を設定したのは、やはりメルセデスベンツ『Sクラス』だった。

リチウムイオン電池の容量などから、ブースト機構が働くのは最大で5秒間。加速時には瞬間的にブーストするが、すぐに終わってエンジンで走るようになる。もう少し長くブーストを使いたいところだが、いろいろなバランスからこれくらいが適当なのだろう。

ブレーキを踏んで車速が15km/h以下に落ちるとエンジンが停止し、ブレーキペダルから足を離すとすぐに再始動する。このときの振動や騒音は良く抑えられていて、タコメーターを見ていないと分からないくらいだ。

軽くブレーキをかけたときには回生ブレーキ、少し強く踏むと回生ブレーキと油圧ブレーキ、急ブレーキのときなどは油圧ブレーキだけが働く仕組みだ。回生ブレーキに油圧ブレーキが加わるときなど、わずかに違和感を感じるが、これは注意していないと分からないレベルである。

価格は予想していたよりもやや高く、1400万円を超えた。「S350」に比べて350万円ほど高いのは、ロングボディにハイブリッドを設定したことや、「S550」からユーザーの移行を狙って装備をS550並みにしたことなどが理由。運転手付きで乗るユーザーなどが、ハイブリッドを選ぶケースは多くなるだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★

松下宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

編集部おすすめのニュース

特集