【東京モーターショー09】試乗会でより身近なモーターショーに

自動車 ニューモデル モーターショー

不況の中のモーターショーは、より堅実に、ユーザーの乗りたいクルマが選べる新規企画に動いている。2009年、新しく始まった2&4試乗会がその一つだ。

会期前半(10月21 - 30日)には乗用車試乗会が、会期後半(10月31日 - 11月4日)には二輪車の試乗会が開催される。いずれも当日、先着順で配布される整理券を手に入れた来場者だけの特典だ。

乗用車の試乗会は、次世代車を含む最新モデルを来場者自身が運転できる。コースは会場周辺約3kmの一般公道を使い、より実際の走行に近い感じで試乗できる。試乗車を提供するのは、トヨタ、日産、富士重工、ホンダ、マツダ、三菱の6社29台。10日間延べ2100人の参加を見込んでいる。

二輪車の試乗も最新モデルが用意される。コースは会場屋外に平坦路とスラロームのある約600mの特設コース設置した。試乗車提供は、スズキ、ホンダ、ヤマハ、アディバ、キムコ、ハーレーダビッドソンの6社26台。こちらは5日間延べ1300人を予定。

また、特設コースに隣接するスペースでは、ヤマハ電動アシスト自転車試乗会も開催する。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集