【リコール】BMW 504i オートマチック、高温多湿で不安定

エコカー 燃費

ビー・エム・ダブリューは17日、BMW『540iオートマチック』の前輪緩衝装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(改修・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、1997年2月3日から同年6月30日に製作された601台。

前車輪のコイルスプリングを保持するストラットプレートの強度が不十分なため、高温多湿の環境下で渋滞走行を繰り返すと、プレートに亀裂を生じて異音が発生し、プレートが脱落して走行安定性が損なわれるおそれがある。

全車両、フロントストラットの部品番号を点検し、該当品の場合はプレートに固定クリップを取り付ける。

不具合発生件数は23件で、市場からの情報と国土交通省からの指摘でわかった。事故は起きていない。

なお、この案件は2004年4月にリコール済のものだが、対象車の選定漏れがあったため、台数を追加して新たに届け出た。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集