PSP『みんなのナビ』…ゼンリンとソニーがナビを共同開発

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

PSP『みんなのナビ』…ゼンリンとソニーがナビを共同開発
  • PSP『みんなのナビ』…ゼンリンとソニーがナビを共同開発
ゼンリンとソニーは、プレイステーション・ポータブル(PSP)専用ナビゲーションソフト『みんなのナビ』を共同で企画・開発、11月5日から全国のゲームショップ、家電店などで、ゼンリンから販売する。標準価格は8190円。

みんなのナビは、直感的なユーザーインターフェイスによる快適な操作感と充実した地図情報、検索機能、ガイド案内によって車でも徒歩でも使えるナビゲーションソフト。ソニーのパーソナルナビゲーションシステム『nav-u』のナビゲーションエンジン採用により、本格的なナビゲーション機能とnav-u特有の分かりやすいユーザーインターフェイスを実現、ゼンリン製のPSP専用地図ソフトウェアであるみんなの地図シリーズにも搭載の詳細な徒歩ルート探索機能を併せ持っているのが大きな特長。

開発面では、地図データベースの作成やオーサリングなどをゼンリンが担当、PSP向けナビゲーションとしてのシステム開発をソニーが行い、商品化する。

このソフトはGPS受信ができないところでも測位が可能なPlaceEngineに対応し、現在地測位によるリアルタイムな道案内に加えて、GPSレシーバー「PSO-290」(別売)をつなげば、より精度の高い測位が可能。「ペタマップ」との連携によりUMDに収録されていないスポット情報などのコンテンツをペタマップのウェブページから直接ダウンロードし、入手できる。

地図データは、ゼンリンの地図データベースを生かした道路や歩道の幅、主要な建物の形まで分かる詳細地図を収録する。二次元、三次元の地図表示や17段階の縮尺切り替えが可能で、収録データをメモリースティック デュオやメモリースティック PROデュオにインストールして使用することで、より快適な地図スクロールや操作スピードを実現する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集