【夏休み】世界初のハイブリッド鉄道車両に乗ってみよう

自動車 社会 行政
【夏休み】世界初のハイブリッド鉄道車両に乗ってみよう
  • 【夏休み】世界初のハイブリッド鉄道車両に乗ってみよう
  • 【夏休み】世界初のハイブリッド鉄道車両に乗ってみよう
  • 【夏休み】世界初のハイブリッド鉄道車両に乗ってみよう
  • 【夏休み】世界初のハイブリッド鉄道車両に乗ってみよう
  • 【夏休み】世界初のハイブリッド鉄道車両に乗ってみよう
「ハイブリッド車」といえば真っ先にクルマを思い浮かべるが、実は鉄道車両にもハイブリッドが存在する。JR東日本が長野県の小海線で運行している『八ヶ岳高原列車』は、世界で唯一の営業用ハイブリッド・ディーゼル車が使用されている。

このハイブリッド車は「キハE200系」と呼ばれるもので、運行されているのは量産前にデータを集めるための先行試作車。シリーズ(直列)式のハイブリッドで、出力450psのコモンレール式直噴ディーゼルエンジンを搭載するものの、それは純然たる発電用。エンジンは駆動力に一切寄与しておらず、車両を駆動させるのは電車と同様のモーターとなる。

小海線は山梨県の小淵沢を起点に、長野県の小諸を終着とする全長約79kmの路線。前半はアップダウンが続き、全国のJR線の中で最も標高の高い地点(標高1375m)も存在する山岳区間。後半は駅間距離が短いため、加減速を頻繁に繰り返すことになるなど性格が異なり、テスト中のハイブリッド車を「いじめる」には最適の環境といえる。

夏休み中は土日を中心に、小淵沢−野辺山間で1日5往復が運転される。従来型の車両は急勾配をエンジン全開でゆっくりと進んでいくが、ハイブリッド車は音を立てることもなくスイスイと上る。時間に余裕があればその違いを味わってみるのもよいだろう。

運行時刻などの詳細は専用のウェブページで。
http://www.jreast.co.jp/nagano/koumi/main.html
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

  • JR東日本、次世代車両の走行試験を開始 画像 JR東日本、次世代車両の走行試験を開始
  • JR東日本、新型車デザイン発表---ハイブリッドと新幹線 画像 JR東日本、新型車デザイン発表---ハイブリッドと新幹線
  • 鉄道もアイドリングストップを導入…JR四国 画像 鉄道もアイドリングストップを導入…JR四国
  • 日立、高速ハイブリッド鉄道車両向けリチウムイオンバッテリーを開発 画像 日立、高速ハイブリッド鉄道車両向けリチウムイオンバッテリーを開発

特集